【注意喚起】LINE社から個人情報を守って下さい

お世話になっている社長様の会員向け情報から抜粋しております。

【注意喚起】LINE社から個人情報を守る

チャットや通話が無料でできる「LINE」。今ではスマートフォンを持つ方のほとんどが利用されているかと思います。

私(安藤)は、LINE社の情報流失が怖く、個人としては利用しておりません。数年前の情報流失事件の時の流失件数が過少に公表されていたのも覚えていますか?

そんなLINEですが、設定の管理をしている方はどのくらいいるのでしょうか。多くの方がデフォルト設定のまま使っているものと思います。

しかし、LINEの設定をデフォルト状態のままにしておくのは個人情報を守るという点で危険です。

そこで今回、LINE社から個人情報を守る方法をお伝えいたします。

先日のLINEアップデートにより、会話(トークルーム)の内容をLINE社が自由に利用可能できるようになりました。

「設定(歯車マーク)」→「プライバシー管理」→「情報の提供」を開くと「トークルーム情報」と「ウェブ追跡型広告の受信」が知らぬ間にオンになっています。

LINEのプライバシー管理画面

このままですとLINE社に、友だちとのトークルーム(使用したスタンプ、絵文字、エフェクト、フィルターの種類・トークの相手、日時、既読、データ形式※、取消機能やURLへのアクセスなどの利用状況)、タイムライン(投稿内容、投稿日時、データー形式、コメント欄のスタンプ)などの閲覧・利用を許可している状態となります。

内容は暗号化されているとはいえ、そもそも胴元にはすべての情報が流れてる前提で使う方が良いと思います。

情報が流出する可能性は低いですが、ハッキングが横行している現在、「ない」とは言い切れません。オンになっている方、個人情報保護の観点からオフにするのが望ましいと思われます。

先代薩摩せんべろ食堂からのコメント

一応、アップデート後にLINEを起動すると、規約に同意するというスイッチの下に、情報を提供するというスイッチがあるようですが、どちらもスイッチがオンになっているので、そのまま規約に同意すると情報提供を行なう設定になるようです。本人確認済みという見解のようですが、元からスイッチがオンになっているのは少し悪質ですね。

今後二代目せんべろ食堂では、LINEを使ったお知らせ等を予定しておりますので、LINE他アプリの個人情報設定にはお気を付け下さい。

コメントを残す