マンションの機械式駐車場は2階が断然オススメ

マンションの機械式駐車場生活

マンションの購入時の駐車場区画は、通常抽選で決められるものなので、皆さん購入時はあまり注意していません。
しかし公平な抽選だと思っていたら全区画が抽選の対象ではない場合もあります。
駐車場の区画を決める方法は、以下のような方法があります。

  • くじ引きで順番を決めて区画を選べる
  • くじ引きで区画が確定する(選べない)
  • 最初から部屋によって区画が決まっている
  • 購入先着順で区画が選べる

マンションの機械式駐車場で、区画を選ぶときの注意点

マンションの機械式駐車場で、区画を選ぶときの注意点をまとめたいと思います。

<<一番奥の区画で、その先が行き止まりの場合>>

車の出入り

図1で赤色の区画に駐車するには、
A付近に停車してそこからハンドルを切る必要があります。
道路の幅が十分にあれば1回で向きを変えられるかもしれませんが、
そうでない場合は、何度もハンドルを切るか、ハンドルをいっぱいに切る必要があります。
このような場合は一番奥の区画は避けた方が無難です。

<<支柱や操作盤などの位置>>

図2で赤色の区画は、支柱が邪魔で入れ難い区画です。
一方青色の区画であれば、車の向きが図(赤色の車)の角度でも、
そのまま入れることが可能です。

機械式駐車場の1階、最上階はNG

1階は車の出し入れが便利だと思うかもしれません。私も最初はそう思っていました。
しかし機械式駐車場は狭い間隔で車が並んでいます。

1階は、隣の車にドアをぶつけられてしまいますので(間隔の広い駐車場もあると思います)、私は断然2階をオススメします。

地下は、大雨や洪水で冠水してしまう可能性がありますし、埃がたまりやすくすぐに汚れます。
最上階は日焼けで外装や内装が早く傷みますし、風雨や雪でも汚れやすいです。

区画を決める時は、図面をよく確認しましょう。もし図面がなくても、以下の内容は売主に調べてもらえばすぐに分かる内容です。

  • 支柱やパレット操作盤など障害物の位置
  • 道路の幅や、周囲の壁や建物

マンション購入時は駐車場区画の決め方も よく確認してから契約しましょう

マンションの売買契約書

マンション購入時は駐車場区画の決め方で、くじ引きの場合は通常一般公開で行われるので、優良区画も自分に当たる可能性があると考えてしまいます。
しかし一部の優良区画は地権者向けにされている場合があります。

同じように一部の購入者が希望した区画を優先区画扱いにして、くじ引き対象区画から外すケースもあるのです。

くじ引きは売買契約後に行われるので、売買契約時にどの区画がくじ引き対象でそうでないのか決められていないケースがあります。決めない事により、売主は”調整”が可能になるのです。

駐車場の区画で便宜を図ることで高い部屋が売れるのであれば、売主はお安い御用かもしれません。

駐車場区画のくじ引きに関しては、契約前は未定な点も多くあると思いますが、念のため以下の点を確認しておきましょう。

  • くじ引き対象となる区画とそうでない区画の位置や数
  • くじ引きのサイクル (一度決まった区画でも、数年おきにくじ引きが行われる場合があります)
  • 車高や車幅による制限(対象区画が制限される場合があります)