一人暮らしの女性は昼間も必ず施錠を<広島女子高生殺害事件>

昼間も必ず施錠生活

みなさんは自分が昼間、家にいるときに玄関の鍵をかけますか?

2004年に発生して2018年に犯人が捕まった広島の女子高生殺害事件ですが、
この事件は男がいきなり家に侵入してきて発生しました。
犯行は通りすがりとのことですが、これがもし本当だとすれば、
この事件は玄関に鍵をかけてさえいれば
防ぐことができたかもしれません。

アメリカでもほとんどの家庭は、家に人が居ても居なくても玄関の鍵をかけます。

理由は想像がつくと思いますが、
アメリカでは人が家に居ようが銃などの武器を利用して、
強引に犯行におよぶケースが少なくないからです。

幸い銃社会ではない日本ですが、特に地方では、
アメリカのような凶悪犯罪が多くないせいか、
日中などは鍵をかけない世帯が多いのではないでしょうか?

そこは近所付き合いを大切にする、
日本独特の美徳のような言われ方もされているかと思います。

しかし広島女子高生殺害事件のような犯罪が発生してしまうとそうも言っていられません。

最近は外国人の入国も増えてきており、外国人による犯罪も増加しています。

東京2020オリンピック・パラリンピックを控え外国人の入国がますます増え、今後さらに外国人による犯罪が増加するかもしれません。

もちろん玄関に鍵をかけても100%犯罪を防げるわけではありませんが、
かけないよりは高い確率で未然に防ぐことができると思います。

住宅侵入で多いのは強制性交(強姦)目的

強盗目的で人が居ても侵入してくるケースもあるようですが、
それより多いのは性交(強姦)目的です。

以下の過去データによると、強制性交犯罪の約半分が
家の中で発生しています。

強制性交等の場所別発生状況(警視庁)
強制性交等の場所別発生状況(警視庁)

また強制性交犯罪の半分以上は、面識のない相手だそうです。

強制性交犯罪統計
(警察庁)

広島女子高生殺害事件も顔見知りではないとすると、
性交目的で侵入して、騒がれたので殺した可能性があります。
また、凶器とされるナイフを現在も所持していることから、
広島の事件後もほかの女性宅に性交目的で侵入していた可能性があります。

ですので、特に特に女性しか家に居ないときは、
日中でも必ず鍵を全部かけてください!!
(男性を狙う性犯罪もあるので、男性も要注意です)